ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

< 次節につながるドロー >

 ゴールデンウィーク初日となった今日、にかほグリーンフィールドでは我らがTDKSC 対 カターレ富山の試合が行われました。ようやく東北秋田にも春が訪れ、すでに桜の木もその姿を変え春の陽気が漂う今日この頃でしたが、本日の試合では風が強く開始早々に氷も降リ始めるなど大荒れの予感。
名称未設定 1
 試合は向かい風となった前半、開始早々からカターレ富山にミドルシュートを放たれ、ペースを握られてしまう。しかし、10分を過ぎるとMF高林選手や同じくMFの成田選手がセカンドボールを拾い徐々にカターレ陣内へ。両サイドをうまく使った攻撃でチャンスをつくる。すると前半15分に新加入の増田選手が相手を振り切り右サイドからクロスを上げる。
名称未設定2
相手DFが必死にクリアしたボールを高林選手が拾い、果敢に相手DFをぬきにかかりファールを誘う。

名称未設定 3
絶好の位置でのフリーキックとなり、キッカーは池田選手。池田選手の蹴ったボールは綺麗な弧を描きゴールネットを揺らし先制点を奪う。
名称未設定4
その後もTDKは攻撃の手を緩めずに追加点を狙いに行く。お互い決定機はないもののTDK優勢で試合を進める。しかし、終了間際の42分、それまでカターレの攻撃陣にシュートまで行かせずにいたTDKだったが、中央をうまく繋がれ中盤からシュートを放たれる。そのボールは強風に乗り大きな弧を描きゴール右墨へ吸い込まれ同点に追いつかれてしまう。1-1の同点で前半を折り返す。

追い風となった後半だが、皮肉にもその強風がおさまり、カターレ富山のキックオフで開始される。両サイドをうまく使い攻撃をしかけたいTDK、対する富山は細かいパスワークで中盤を作り攻撃をしかけるが、TDKのDF陣は集中力を切らさずにしっかりと組織で対応する。均衡した試合展開が続く中、先にベンチが動いたのはTDK。加賀潤選手に代わり佐藤和旗選手を投入し攻撃陣に拍車をかける。対する相手も長身FWを投入し前線での時間を作ろうとする。その後、ケガから復帰し3試合目を迎えるFW富樫選手を投入する。しかし、ここで本日2枚目のイエローカードでMF成田卓也選手が退場となり、残り約10分を10人で戦うことになってしまう。毎試合終盤に運動量が落ち、攻め込まれるTDKだったが今日は違った。カターレ攻撃陣に押し込まれるも、一人一人の選手が一人足りない分を補い、身体を張ったプレーでその攻撃を阻止する。すると終了間際にチャンスが訪れる。ボランチのポディションに下がった松田選手が中盤からドリブルを仕掛け、左サイドに流れた富樫選手へ。

名称未設定 5
シュートまでは打ち切れなかったもののCKをものにする。池田選手の鋭いキックは相手DFの頭を越え岩瀬選手の足元へ、これを右足でシュートするが二人のディフェンダーのスライディングに阻まれ、得点ならず。名称未設定 6
試合はそのまま1-1のドローで終了する。

名称未設定 7
4試合ぶりに勝ち点をものにしたTDK。勝利には至らなかったものの、確実に一試合一試合で修正点を改善し、勝てるチームへと一歩ずつ近づいていることは間違いない。初勝利の予感を漂わせる試合となった。

スポンサーサイト
このページのトップへ

<明日ホーム、カターレ富山戦>

 明日4月27日(日)、名称が新たになったにかほグリーンフィールドにてJFL第8節TDK 対 カターレ富山の試合が行われます。我らがTDKは7戦が終了し2分け5敗と厳しい戦いが続いていますが、この逆境に打ち勝ち、連敗を止めてもらいたいものです。
さて、ここでご高評いただいております機関紙「ブルーラークス通信04号」の内容をご紹介いたします。

・Play Back!前節Honda FC戦を振り返る!
・今号のPick Up Player!ヴィッセル神戸出身のあの二人
・アウェイ応援IN沖縄ツアー案内
・ブルーラークス新規会員募集案内

また、次号の選手への⑪の質問コーナーの質問を皆様から募集いたします。会場入り口にあるブルーラークスブース「選手への質問BOX」に選手に聞いてみたいことなどをお書きの上ご応募ください。親子そろって選手にご応募ください。ご応募くださった中から次号のブルーラークス通信にて採用させていただきます。

今号の機関紙は「(株)ハ印商店」 「(有)タカハシ印店」「中古楽器専門店 ジプシーワゴン」の提供です。
機関紙スポンサーは随時募集しておりますので、ブルーラークス事務局までお問い合わせください。
このページのトップへ

< FW二人が得点するも・・・ >

 今節から新加入選手の増田清一選手が加わり、流れを変えたい今日の一戦はアウェイの地、静岡県都田で行われました。試合が行われる都田は春らしい天気となり気温は21度とまさにサッカー日和。
CIMG0932.jpg

試合はお互いリスクをおわないシンプルなサッカーで試合を進める。そんな中、リズムを掴み決定機を作ったのはTDK。FW松田選手から右サイドの加賀選手へ。加賀選手のあげたクロスは相手DFの頭上を超える。それを走り込んで来た木下選手がヘディングシュートするもゴールバーのわずか上に外れてしまう。これをきっかけに次々とチャンスを作る。自陣からのFKを千野選手がDFの裏に走り込んだ木下選手へ。木下選手から中央にいる松田選手へパスし、これをフォローに入った池田選手へ丁寧に落とす。池田選手の右足から放たれたシュートは相手GKの好セーブに阻まれる。30分過ぎには混戦からのクリアーボールを加賀選手がクロス、それを木下選手が合わせるも得点をあげられず。試合が動いたのは前半31分。相手MFがこの日2枚目のイエローカードで退場する。
CIMG0940.jpg

数的優位に立ったTDKだが、その後まさかの先制点を奪われてしまう。右サイドからのクロスをきれいに落とされ走り込んできたFWの強烈なシュートがTDKのゴールネットを揺らす。1-0でリードを奪われ前半を折り返す。
 後半はHondaのキックオフで始まる。一人少ないHondaはその分を運動量でカバーし11人の時と同じ流動的な攻撃を仕掛ける。対するTDKは優勢になりながらも前半のような攻撃のリズムを作れずに時間は過ぎる。しかし、Hondaの運動量が徐々に落ち始め、TDKは得意の両サイドをうまくつかった攻撃を仕掛け始める。試合が動いたのは後半21分。池田選手からのクロスのこぼれ球を松田選手がボレーシュート。完璧にミートしたシュートはGKも一歩も動けずにいたがゴールポストに嫌われる。ベンチも悔しさに酔いしれていたその2分後、またも池田選手からのアーリークロスを松田選手が胸トラップし、右足でシュート。これを冷静に決め、今季2点目は貴重な同点ゴールとなる。同点に追い付いたTDKは押せ押せムードで怒涛の攻撃を仕掛ける。そして待ちに待った瞬間は67分に訪れる。代わって入った佐藤選手から中央木下選手へ。DFを背にしながらのパスだったがうまく反転しゴールへドリブルを仕掛ける。これがPKを誘い、そのPKを木下選手自身がきっちり決め逆転の今季初ゴールをあげる。
CIMG0942.jpg

10人となったHondaは2-1と逆転を許し意気消沈するかと思われたが、毎年企業チームでありながら上位に食い込むチームは違った。70分にCKから同点のヘディングシュートを決められてしまう。同点にされたTDKも黙ってはいない。今節をデビュー戦とする増田選手が右サイドを駆け上がりドリブルで中へ切り込み左足でシュートを放つが、これも今日2度目のバーに阻まれる。そして6分後の79分、相手左サイドからのクロスを交代してきたFWにキープされ走りこんできたもう一人のFWへ、ワンツーのような形となり、まさかの逆転ゴールを奪われる。89分にもCKからのこぼれ球を決められ4点目を許してしまう。ロスタイムには朝比奈選手が2枚目のイエローカードで退場し、試合はそのまま4-2で終了。数的優位に立ちながらも決定的チャンスを決めきれずに、逆に相手の決定機をしっかり決められ、その差をつけられる形となってしまった。


   <試合結果>

TDKSC VS Honda FC
1st    0 - 1
2st     2 - 3
(58分松田英樹、67分木下真吾)
合計   2 - 4
このページのトップへ

< ヴィッセル神戸 DF増田清一選手 期限付き移籍決定 >

この度、ヴィッセル神戸から期限付き移籍でDF増田清一選手の入団が決定いたしました。
増田清一

増田 清一(Kiyokazu MASUDA/20歳)
■背番号: 18

■生年月日:1987年5月13日

■ポジション:DF

■身長/体重:172cm/65kg

■出身地:兵庫県神戸市

■チーム歴:
1994~1999 神の谷FC(神の谷小・兵庫)
2000~2002 ヴィッセル神戸ジュニアユース(西落合中・兵庫)
2003~2005 ヴィッセル神戸ユース(星陵高・兵庫)

■代表歴:2004年 U-18日本代表

■増田選手コメント:
「一つでも順位を上げれるように頑張ります。応援よろしくお願いします!」
このページのトップへ

<またも初勝利ならず>

本日は好天に恵まれ、ここ秋田の南部沿岸に位置するにかほ市でも桜がいよいよ満開になりつつあるということで、TDKSCもぜひ花を咲かせたい一戦。
わがTDKSCは前期5節を終了して2分3敗とまだ勝利がない。主力にケガ人を抱え、登録メンバーが16人と厳しい状況の中での戦いを強いられてきたが、本日より富樫選手が再登録されるなど、明るい材料も見え始めている。
一方、本日の対戦相手の横河武蔵野FCは5節を経過して勝点13と好調をキープしており、現時点でのJFLランキングでも3位につけている。
080413横河武蔵野36-1
883人のサポーター・観客が見守る中、試合は早々に動きを見せる。開始間もない6分、相手ペナルティエリア内でファールをもらい、このPKを高林選手がきっちりと決めてTDKSC先制!080413横河武蔵野54-1

このまま有利な流れを持って行きたいが相手も好調をキープしているチームだけに一進一退の攻防が続く。 TDKSCも何度かのチャンスをものにするが決定までには至らない。前半も20分を過ぎたころから相手チームのプレスからすばやい寄せがTDKSCのボールポゼッションを徐々に奪っていく。そんな中前半25分にDF岩瀬が本日2枚目のイエローカードで退場し10人で戦わざるを得なくなってしまう。そして試合が動いたのは前半29分、早いパス回しからボールをつないだ横河武蔵野FCがゴール右から同点ゴールを叩き込む。
数的不利になり歯車が狂い始めたTDKSCは前半39分にも、ペナルティエリア直前のFKから直接ゴールを決められてしまう。

080413横河武蔵野125-1

1-2で折り返した後半の8分、相手チームに痛い3点目を決められてしまう。特に後半からは横河武蔵野FCが自由なボールまわしで優位にゲームをコントロールしている印象。

080413横河武蔵野197-1

TDKSCはその後、疲れの見えてきた成田選手から富樫選手へ交代し攻撃的な布陣を敷いていく。さらに松田選手から佐藤和旗選手へ、木下選手から三浦選手へ交代をし、局面の打開を図るが、チャンスは訪れるものの相手ディフェンダーの厳しいマークにあい得点には至らない。
結局ゲームはそのまま3-1で終了した。
080413横河武蔵野27-11

<試合結果>
TDKSC VS 横河武蔵野FC
1st 1-2
(PK高林佑樹)
2nd 0-1
合計 1-3

逆境のときこそがんばれTDKSCイレブン!

このページのトップへ

<全選手サインつきJFL公式ガイドブックプレゼント>

 JFL第6節が今週13日(日)にホームにかほスタジアムで開催されます。ようやく東北秋田にも桜前線がやってきました。我らがTDKSCは5試合を終え、2分3敗と未だ勝ち星を残せず。しかし、前節首位栃木SCとの戦いでは、JFL最強布陣といわれる首位栃木相手に互角以上の戦いを見せ私達に希望を残してくれました。

そして、今週日曜日の対戦相手は去年1分1敗と負け越している横河武蔵野FC。去年の借りを返すべく初勝利でにかほに花を咲かせていただきたい。

 さて、今週のホームゲームでも皆様からご好評いただいておりますサポーターズクラブブルーラークスの機関紙「ブルーラークス通信」第3号を会場入り口にて無料配布いたします。

その内容は、
・Play Back!前節栃木SC戦を振り返る
・今号のPick Up Player!では、新加入のあの二人!
・アウェイ応援IN沖縄ツアーの募集案内
・ブルーラークス新規会員募集案内など内容は盛りだくさん。

また、次号の選手への⑪の質問コーナーの質問を皆様から募集いたします。会場入り口にあるブルーラークスブース「選手への質問BOX」に選手に聞いてみたいことなどをお書きの上ご応募ください。ご応募くださった中から次号のブルーラークス通信にて採用させていただきます。

尚、機関紙の発行部数は1000枚を予定しております。先着順になりますのでお早めに会場にお越しください。

今号の機関紙は「(株)鳥海ツーリスト」 「美容室 ラ・ヴィオーラ」の提供でお配りいたします。
機関紙スポンサーは随時募集しておりますので、ブルーラークス事務局までお問い合わせください。

そして何といっても今週の目玉は、
     JFL公式ガイドブックを会員限定で先着30名様にプレゼント!!
なんと、TDKSCのページには全選手のサインつきです!ブルーラークスのブースにて会員限定で先着30名にてプレゼントいたします。(会員カードを持参の上ご提示ください)
まだブルーラークスにご入会していない方も、是非この機会にご入会いただきますようお願い申し上げます。2008年選手カードも、もれなくプレゼントいたします!
公式ガイド

   桜前線と共に、にかほに勝利の花を咲かせよう!
                     頑張れTDKSC!




このページのトップへ

<首位栃木を倒せず>

 本日JFL第5節を迎え、未だ勝ち星をあげていないTDK。
今日の対戦相手は現在首位を走る栃木SC。去年の対戦成績は2分けと互角の戦いを見せている。昨シーズンの前期アウェイでの戦いでは疑惑のジャッジによりTDKSCが3人退場するなど荒れた戦いになったことは記憶に新しい。
J準加盟している栃木SCは去年TDKSCの得点源だった松田正俊選手をはじめ大型補強を施しJFL最強の布陣へと様変わりし、開幕から4連勝と負けなしで追い風に乗っている。
一方TDKSCは主力にケガ人を抱え、登録メンバーが16人とまさに逆風が吹く中での戦いとなっているが、この逆境に打ち勝ち勢いをつけてほしいこの1戦。
CIMG0906.jpg

試合は4865人の観客が見守る中、前半が開始された。立ち上がりからテンポよくボールを回すTDKSCに対し、栃木SCはロングボールを前線に供給し一気に押し上げセカンドボールを拾うシンプルなサッカーで試合を進める。
先にチャンスを作ったのはTDKSC。左サイドの池田からのクロスに相手を振り切った木下が合わせるが、相手DFの捨て身のプレーで阻止されてしまう。PKでもおかしくないプレーだったが逆に木下がファールをとられてしまう。
試合が動いたのは14分、ペナルティーエリアぎりぎりのところでスライディングしながら相手ボールをカットするが、これがファールの判定。嫌な位置でのFKは技ありのキックとなりTDKSCのゴールネットを揺らし、先制点を奪われてしまう。
CIMG0908.jpg

失点を許したTDKSCだが、その後も早いボール回しで相手のDF陣を苦しめる。右サイドから佐藤和旗選手がマイナス気味にセンタリング、松田選手がスルーし高林選手がシュート。これは惜しくもゴールの右へ流れてしまう。そのまま同点のゴールを奪えずに前半が終了。

後半は栃木SCのキックオフで開始される。ここまでの試合、後半にペースを握られる展開が続いたが、今日のTDKSCは違った。一進一退の攻防が続く中、後半15分に左サイドの池田選手の鋭いクロスが相手DFの足にあたり、そのままゴールへ。オウンゴールを誘い同点に追い付く。
CIMG0909.jpg

しかし3分後の後半18分、左サイドからTDKSCのDF陣の裏をつくボールをクリアーしきれずに、ゴール左に流れるボールに対しGKとDFで相手FWを両脇から挟み混む形となりそのままゴールラインをわるかと思われたが、FWがうまく倒れ押したという判定をとられPKを献上してしまう。これをきっちり決められ追加点を許す。
追加点を許したTDKSCは69分に佐藤選手に替え加賀選手を投入。千野選手を前線にあげ攻撃的布陣へ切り換える。すると右サイドの加賀選手のアーリークロスをゴール前の池田選手が頭ですらすが、誰もが入ったと思ったシュートは相手GKのファインセーブに阻まれゴールならず。80分に木下選手に替わり三浦選手、85分に池田選手に替わり藤原選手を投入するが、TDKSC陣地の深い位置で時間稼ぎのボールキープをされ攻め切れずに試合は終了してしまった。

これで通算2分3敗となったTDKSC。桜前線と共に次こそはホームにかほで花を咲かせたい。

<試合結果>
 TDKSC VS 栃木SC
1st 0 - 1
2st 1 - 1
(60分オウンゴール)
合計 1 - 2
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。