ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

<好調高崎相手に勝ち点1ものにする>

   TDKSC  VS   アルテ高崎
1st    1  -   0
2st    1  -   2
Total   2  -   2
(得点者 池田 千野)
スポンサーサイト
このページのトップへ

<今シーズン初の八橋開催で完勝!!>

今年初の開催となった八橋陸上競技場には午前中からのイベントと33回全日本少年サッカー大会開会式があり、たくさんの子供達がスタンドに駆け付け、いつもとは違う雰囲気の中、試合は開始されました。

DSC_4405.jpg 
前半開始早々からコーナーキックをものにし、序盤の主導権を握るTDK。すると23分、横山選手の浮いたパスが相手DFの手に当たり運よくPKを獲得。それを自らしっかりとゴールに決め先制点を奪う。ゴール後はお決まりのゴリダンスを秋田市で初披露し会場を沸かせた。

その後シンプルに前線へ放り込む相手に対し、中盤から守備をコンパクトに保ったTDKが危なげない戦いを見せ前半を1点のリードで折り返す。

エンドの変わった後半、テンポのよいバス回しで水島の体力を奪い、試合を支配するTDK。そして59分、細かいパス回しからペナルティーエリア内に成田選手が抜け出したところを水島DFが思わず足をかけPKを獲得。そのPKを今期まだ得点のない富樫選手がピシャリと決め待望の追加点。PKを蹴る予定だった池田選手は、「富樫がこのゴールをきっかけに点を重ねていけたらと思い蹴らせました。」とチームのエース復活のきっかけをお膳立て?。その後もTDKは決定機さえも作れなかったものの水島を寄せ付けず、試合は2-0と完勝。勝ち点を16へと伸ばし10位へと浮上した。
DSC_4604.jpg 


そして試合終了後にこの日行われた選手顔写真付きのサイン色紙プレゼント会が催され、選手から当選者へ直接プレゼントされました。当選者は今先程まで熱い戦いを見せていた選手達から色紙をもらい非常に喜んでいました!

DSC_0156.jpg 

08JFL前期第12節
<試合速報>

  TDKSC  VS  三菱水島
1st   1   -   0
2st   1   -   0
Total  2   -   0
(得点者 横山、富樫)

このページのトップへ

<八橋開催BLレポート配布ボランティア募集>

 いつもブルーラークスホームページならびにブログ速報をご覧頂き誠にありがとうございます。我らがTDKSCは2連敗を喫し13位と低迷中ではごいざいますが、6位~13位まで勝ち点4差と、1試合勝てば順位も様変わりする状態です。八橋での三菱戦に勝利し、グングン順位を上げてくれることを多いに期待しております。

 また、来年度以降のクラブ化への新会社設立のための準備委員会(代表:秋田県サッカー協会川口会長)が先日記者会見を行い、記者会見までの経過と、これからの「6月中の発起人会発足」「8月の新会社設立」「9月の次年度JFL継続申請」「来年1月のJリーグ準加盟申請」までの流れを時系列的に説明しました。
 また同席したTDKSCの佐藤部長も、選手の待遇やチームの練習環境など次年度以降についてはこれから新会社と協議を重ねて、より良いものにしたいと述べました。

 さて、5月24日にJFL第12節 TDKSC VS 三菱水島戦が秋田市八橋陸上競技場で行われます。
ご高評頂いておりますブルーラークス通信はTDKSC応援の一環として、またサッカーを通じたスポーツ復興と秋田県域の地域活性化を目的として制作し、無料配布いたしております。今回今年度の秋田市初開催ということもあり、このブルーラークス通信を特別版とし、オールカラーで3000部の発行が決まっております。

そこで、配布枚数が多いため当日の機関紙配布ボランティアを年齢問わず若干名募集しております。来年度以降のクラブ化が決まり、秋田県にJリーグが出来るのも、もはや夢ではありません。是非この機会に私達と共にボランティアとしてお手伝いしてみませんか?ボランティアに参加していただいた方には好きな選手の顔写真付きサイン色紙をプレゼントいたします。申込メールに選手名を記入してください。
ご応募お待ちしております!!

<応募方法>
申込:下記メールアドレス宛にお名前と携帯番号、サイン色紙をもらいたい選手名をご記入の上、
   ご応募ください。こちらから当日の詳細をメールにて返信いたします。
   bluelarks_info_08@yahoo.co.jp(ブルーラークス事務局スタッフ)
内容:入場ゲート前でのブルーラークス通信の配布※試合はご覧になれます
締切:5月22日(金)まで(応募の人数が集まり次第、締切とさせていただきます。)

ブルーラークス通信06号(特別版)
無題  IMG_3866.jpg
このページのトップへ

<4年ぶりの戦いは長崎に軍配が!>

 朝から強い雨に見舞われた長崎県佐世保市。試合時間には小ぶりになったもののグランドは非常にスリッピーな状態に。

 Vファーレン長崎とは、4年前地域リーグ決勝大会で顔を合わせており、その際はPK戦の末TDKが勝利しJFLへの昇格を決め長崎は昇格を阻まれる形となり、今回の試合はリベンジに燃える長崎との戦いとなった。
vs_vnagasaki1.jpg

 試合は前半、中盤を制したTDKがチャンスを作る。ペナルティエリア内で成田選手のパスを受けた横山選手のシュートは惜しくも枠の外へ。終盤には富樫選手がGKと1対1となるが好セーブに阻まれ、前半をTDKペースで進めるも、0対0で折り返す。
vs_vnagasaki2.jpg

 後半ホームでまだ勝ち星のない長崎が意地を見せ、TDKゴールに迫るも、小野選手が好セーブを連発し失点を許さず。しかし、終了間際の89分にミドルシュートを決められ均衡を破られてしまう。ロスタイムにはPKを献上してしまい試合終了間際に2失点。アウェイで痛い敗戦を喫してしまった。

※写真提供 長崎県 記者 山頭さん
このページのトップへ

< Mio木下に2得点奪われ逆転負け! >

<09JFL前期第10節 試合速報>


 今節の対戦相手は昨シーズンTDKSCに在籍していたFW木下選手が移籍したMioびわこ草津との対戦。古巣相手に燃えている木下がどんなプレーを見せてくれるのか!?また、その木下を封じ込むことが出来るのか!?見ごたえたっぷりの試合となった。

 試合は前半、前線からのプレッシャーと早い切り替えでTDKがチャンスを掴む。すると、18分右サイドの加賀選手からのクロスを池田選手が折り返し、FW横山選手が頭でうまく合わせネットを揺らす。FW陣の初の得点にイレブンは大喜び!にかほで初のゴリダンスを披露してくれた。その後も、前線からの組織的な守備で相手にチャンスを与えず、相手FW木下もTDKの朝比奈選手にしっかりと抑えられ仕事をさせてもらえず。しかし、前半の終了間際に木下選手にPKを献上してしまい、同点とされ前半を1-1のイーブンで折り返す。

名称未設定 3 


 エンドの変わった後半、開始早々にコーナーキックのチャンスを作り出す。池田選手の放ったキックを千野選手がニアサイドでうまく合わせゴールネットを揺らす。後半の開始直後に再びTDKがリードする。

 名称未設定 2
 その後、横山選手が2得点目の大チャンスがあったものの相手GKのファインセーブに阻まれてしまう。TDKは追加点を、びわこは同点ゴールを狙いに、両者のプレーは激しさを増していく。そして、度重なるジャッジにサポーターもヒートアップし、スタンドから罵声が飛び交う。しかし、58分に左サイドからのクロスを木下が抜け出しTDKゴールを奪う。時間的にも次のゴールが決勝点となる中、一進一退の攻防が続く、そして残り5分となった85分。右サイドからのクロスに果敢に飛び込みゴールを決めたのはMioびわこ草津のFW木下真吾。自身3得点に絡む活躍で、古巣との試合でその存在感を見せ付けた。試合はそのまま3-2の逆転負けで終了。TDKには合計6枚ものイエローカードが出され、次節は松ヶ枝・富永選手が累積で欠場することとなり、何ともほろ苦いゲームとなってしまった。

  TDKSC  VS  Mioびわこ
1st    1  -  1
2st    1  -  2
Total   2  -  3
(得点者 横山、千野)

このページのトップへ

<次節ホームゲーム、母の日チケットプレゼント!>

mama.jpg
日頃の感謝を込めて、来る5月10日(日)JFL前期第10節VS Mioびわこ草津戦が行われるにかほグリーンフィールドにて、小学生以上を対象とし会場にお母さんを一緒に連れてきた方先着10名に、お母さんのチケットとカーネーションをプレゼント!

母の日の記念に、お母さんと一緒にTDKSCの熱い試合を観戦してみてはいかがですか。また、奥様やご年配のお母様をお連れしても結構です。
会場内のブルーラークスブースにお母様をお連れして来てください。お待ちしております!

今回カーネーションをご協賛していただきましたのは↓
hana.jpg




このページのトップへ

<HondaFCに初勝利!!>

09JFL前期9節、HONDA FC戦の速報です。

 連戦が続き、ここ3戦勝ち星から見放されてしまっているTDK。連戦の最後を締めくくるのは昨年ぶっちぎりで1位を決めたJFLの重鎮HondaFC。今年は開幕からつまずき本来の力が発揮できてはいないが、個々の能力はJFLでもトップクラス。さぁ我らがTDKSCはHonda相手に連敗を止めることが出来たのか!?

 この試合怪我から復帰した池田・松ヶ枝選手がスターティングメンバーに戻り、本来のポジションで試合に臨んだ。試合は序盤から前線の積極的な守備がひかり、HondaFCを圧倒する。そして開始早々の2分、千野選手からのセンタリングを富樫選手が胸で落とし、そのボールを松ヶ枝選手が強烈なシュートを叩き込み先制点を奪う。TDKは点を奪ってからも果敢に仕掛け攻撃の時間を増やす。すると、7分後の9分に富樫選手からのパスを裏で受けた松ヶ枝選手が、相手DFを背負いながらも左足で見事に決め待望の追加点をものにする。そして、5分後の14分にはまたも松ヶ枝選手がキレのあるドリブルでファールを誘い、そのフリーキックを池田選手がゴール左隅に決め、昨年の王者相手に前半15分で3点をリードする。その後も、攻撃の手を止めることなく全員攻撃・全員守備で前半を3点のリードで折り返す。

 エンドの変わった後半、3点をリードされながらも不気味なほど冷静な赤い集団、昨年の王者が牙を剥く。54分に右サイドを崩されセンタリングから頭で合わせられ失点。徐々に疲れを見せ始めるTDKに怒涛の攻撃を仕掛けてくる。TDKは20分にこの日精力的に前線からの守備で貢献した横山選手に代わり佐藤和旗選手を投入。26分にはFKを決めた池田選手に代わり藤原選手を投入し、攻撃のリズムを呼び戻す。すると、富樫選手が左サイドから強引なドリブルで相手をかわし、GKと1対1となった。決めれば試合を決定付けるシーンであったが富樫選手の放ったシュートは枠をとらえることができず。81分にはベテランDFの朝比奈選手の足が攣り、岩瀬選手を投入。最後の最後まで怒涛の攻撃を見せるHondaに89分、2点目を奪われ1点差に。しかし、TDKは集中を切らすことなく試合は3-2で勝利!未だ一度も勝ったことのない赤い集団に、初勝利した。

この結果、順位は1つ上げて10位に浮上したTDK。しかしTDKSCと同じ勝点13が7~10位で4チームがひしめいているため、次節しだいでまた大きく順位が変わる可能性がある。5月の戦い方が今後の順位を左右することは間違いない!

スターティングメンバー
GK 1(小野)
DF 5(加賀),29(朝比奈),22(富永),2(高橋)
MF 24(千野),11(成田),8(池田),25(松ヶ枝)
FW 9(富樫),18(横山)

リザーブメンバー
SUB 31(鈴木),19(岩瀬),7(佐藤),10(藤原),16(菅原)

交代
横山→佐藤和
池田→藤原
朝比奈→岩瀬


  TDSC  VS  HondaFC
1st   3  -  0
2st   0  -  2
Total  3  -  2

得点者(松ヶ枝2、池田)
このページのトップへ

<4月29日発行のBLレポート広告欄、訂正について>

先日4月29日(水・祝)JFL前期第8節にホーム会場で発行いたしましたブルーラークスレポート内の 広告欄に一部誤りがありましたことをお知らせいたします。

『Jazz&Cafe RELAXIN リラクシン』さんのライブの日にちが「6月31日(日)」となっておりましたが 正しくは、『6月21日(日)』開催となります。この場をおかりし広告主になっていただいたリラクシンさん及び 来場のお客様にお詫び申し上げます。


当ブログにてご案内させていただきます。リラクシン&ライブの詳細はこちら↓
無題  


このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。