ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

<またも初勝利ならず>

本日は好天に恵まれ、ここ秋田の南部沿岸に位置するにかほ市でも桜がいよいよ満開になりつつあるということで、TDKSCもぜひ花を咲かせたい一戦。
わがTDKSCは前期5節を終了して2分3敗とまだ勝利がない。主力にケガ人を抱え、登録メンバーが16人と厳しい状況の中での戦いを強いられてきたが、本日より富樫選手が再登録されるなど、明るい材料も見え始めている。
一方、本日の対戦相手の横河武蔵野FCは5節を経過して勝点13と好調をキープしており、現時点でのJFLランキングでも3位につけている。
080413横河武蔵野36-1
883人のサポーター・観客が見守る中、試合は早々に動きを見せる。開始間もない6分、相手ペナルティエリア内でファールをもらい、このPKを高林選手がきっちりと決めてTDKSC先制!080413横河武蔵野54-1

このまま有利な流れを持って行きたいが相手も好調をキープしているチームだけに一進一退の攻防が続く。 TDKSCも何度かのチャンスをものにするが決定までには至らない。前半も20分を過ぎたころから相手チームのプレスからすばやい寄せがTDKSCのボールポゼッションを徐々に奪っていく。そんな中前半25分にDF岩瀬が本日2枚目のイエローカードで退場し10人で戦わざるを得なくなってしまう。そして試合が動いたのは前半29分、早いパス回しからボールをつないだ横河武蔵野FCがゴール右から同点ゴールを叩き込む。
数的不利になり歯車が狂い始めたTDKSCは前半39分にも、ペナルティエリア直前のFKから直接ゴールを決められてしまう。

080413横河武蔵野125-1

1-2で折り返した後半の8分、相手チームに痛い3点目を決められてしまう。特に後半からは横河武蔵野FCが自由なボールまわしで優位にゲームをコントロールしている印象。

080413横河武蔵野197-1

TDKSCはその後、疲れの見えてきた成田選手から富樫選手へ交代し攻撃的な布陣を敷いていく。さらに松田選手から佐藤和旗選手へ、木下選手から三浦選手へ交代をし、局面の打開を図るが、チャンスは訪れるものの相手ディフェンダーの厳しいマークにあい得点には至らない。
結局ゲームはそのまま3-1で終了した。
080413横河武蔵野27-11

<試合結果>
TDKSC VS 横河武蔵野FC
1st 1-2
(PK高林佑樹)
2nd 0-1
合計 1-3

逆境のときこそがんばれTDKSCイレブン!

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。