ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

< FW二人が得点するも・・・ >

 今節から新加入選手の増田清一選手が加わり、流れを変えたい今日の一戦はアウェイの地、静岡県都田で行われました。試合が行われる都田は春らしい天気となり気温は21度とまさにサッカー日和。
CIMG0932.jpg

試合はお互いリスクをおわないシンプルなサッカーで試合を進める。そんな中、リズムを掴み決定機を作ったのはTDK。FW松田選手から右サイドの加賀選手へ。加賀選手のあげたクロスは相手DFの頭上を超える。それを走り込んで来た木下選手がヘディングシュートするもゴールバーのわずか上に外れてしまう。これをきっかけに次々とチャンスを作る。自陣からのFKを千野選手がDFの裏に走り込んだ木下選手へ。木下選手から中央にいる松田選手へパスし、これをフォローに入った池田選手へ丁寧に落とす。池田選手の右足から放たれたシュートは相手GKの好セーブに阻まれる。30分過ぎには混戦からのクリアーボールを加賀選手がクロス、それを木下選手が合わせるも得点をあげられず。試合が動いたのは前半31分。相手MFがこの日2枚目のイエローカードで退場する。
CIMG0940.jpg

数的優位に立ったTDKだが、その後まさかの先制点を奪われてしまう。右サイドからのクロスをきれいに落とされ走り込んできたFWの強烈なシュートがTDKのゴールネットを揺らす。1-0でリードを奪われ前半を折り返す。
 後半はHondaのキックオフで始まる。一人少ないHondaはその分を運動量でカバーし11人の時と同じ流動的な攻撃を仕掛ける。対するTDKは優勢になりながらも前半のような攻撃のリズムを作れずに時間は過ぎる。しかし、Hondaの運動量が徐々に落ち始め、TDKは得意の両サイドをうまくつかった攻撃を仕掛け始める。試合が動いたのは後半21分。池田選手からのクロスのこぼれ球を松田選手がボレーシュート。完璧にミートしたシュートはGKも一歩も動けずにいたがゴールポストに嫌われる。ベンチも悔しさに酔いしれていたその2分後、またも池田選手からのアーリークロスを松田選手が胸トラップし、右足でシュート。これを冷静に決め、今季2点目は貴重な同点ゴールとなる。同点に追い付いたTDKは押せ押せムードで怒涛の攻撃を仕掛ける。そして待ちに待った瞬間は67分に訪れる。代わって入った佐藤選手から中央木下選手へ。DFを背にしながらのパスだったがうまく反転しゴールへドリブルを仕掛ける。これがPKを誘い、そのPKを木下選手自身がきっちり決め逆転の今季初ゴールをあげる。
CIMG0942.jpg

10人となったHondaは2-1と逆転を許し意気消沈するかと思われたが、毎年企業チームでありながら上位に食い込むチームは違った。70分にCKから同点のヘディングシュートを決められてしまう。同点にされたTDKも黙ってはいない。今節をデビュー戦とする増田選手が右サイドを駆け上がりドリブルで中へ切り込み左足でシュートを放つが、これも今日2度目のバーに阻まれる。そして6分後の79分、相手左サイドからのクロスを交代してきたFWにキープされ走りこんできたもう一人のFWへ、ワンツーのような形となり、まさかの逆転ゴールを奪われる。89分にもCKからのこぼれ球を決められ4点目を許してしまう。ロスタイムには朝比奈選手が2枚目のイエローカードで退場し、試合はそのまま4-2で終了。数的優位に立ちながらも決定的チャンスを決めきれずに、逆に相手の決定機をしっかり決められ、その差をつけられる形となってしまった。


   <試合結果>

TDKSC VS Honda FC
1st    0 - 1
2st     2 - 3
(58分松田英樹、67分木下真吾)
合計   2 - 4
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。