ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

<去年王者佐川に敗れる>

 GW後半の初日となった今日、我らがTDKSCは滋賀県守山市にて去年JFL王者のSAGAWA SHIGAと対戦。守山の会場内では佐川急便のスポーツフェスティバルが開催されており、応援の数も多く敵地を感じさせる雰囲気になっていました。作シーズンの対戦成績は2戦2敗と負け越してるだけに勝ちにこだわりたいTDK。対するSAGAWAも開幕から苦戦を強いられ思うように順位を上げれずにいる。
集合写真
 
試合は気温28度と夏日のような暑さの中始まった。前半、シンプルにスペースにロングボールを蹴り、そのこぼれ球を拾い、厚い攻めを見せるSAGAWA。逆にTDKは細かいパスで相手陣営を崩そうとするが、暑さのせいかフォローの人数が少なく攻めの糸口が掴めずに相手にペースを握られてしまう。そして試合が動いたのは16分。早い切り替えで左サイドからのスローインを裏をとられクロスを上げられてしまう。マイナス気味に上げられたクロスは相手FWの頭にぴったり合わされ、前半早々に先制点を許してしまう。反撃に出たいTDKだが、SAGAWAの硬い守りに阻まれなかなかペースを掴みきれずに、苦しい前半になってしまう。攻め込まれながらも最後はしっかり対応し、9本のシュートを打たれながらも追加点をあげずに0-1のビハインドで前半を折り返す。
zenhan FK

後半の頭からFW三浦選手に代わり富樫選手を投入し流れを変えにいく。その交代がチームに攻撃のリズムを作った。後半の半ば相手DFと競り合う形となり、うまく裏に抜け出しGKと1対1になったかと思われたが、相手DFの退場覚悟のプレーに阻まれる。TDKベンチも退場だと審判に駆け寄るが、ファールさえ取ってもらえずに流されてしまう。
その後松田選手に代わり、佐藤和旗選手を投入し更なる攻撃態勢に入る。後半はTDKが優勢に試合を進めながらも均衡した戦いが続いた。そして、この日一番の決定的チャンスは終了間際に迎える。相手GKとDFラインの間に流れたボールは、敵同士でお見合いする形となり、そのスキに加賀選手が走り込みながらゴール前でシュートを放つ。入ったと思われたシュートはゴールバーの上を越えていってしまう。そして無情にも終了のホイッスルが鳴り響く。
kouhan FK

 後半、相手攻撃陣をシュート1本と封じながらも、得点を奪うことが出来ずにいたTDK。しかし休む間もなく、中2日で今季からJFLに参入した北九州ニューウェーブをホームに迎える。1年先輩となる意地を見せてもらいたい。

 TDK SC VS 佐川SHIGA
1st    0 - 1
2st    0 - 0
TOTAL   0 - 1
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。