ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

< にかほで勝利飾れず!ドロー >

 約1ヶ月ぶりに、にかほグリーンフィールドに帰ってきた我らがTDKSC。初の3連勝を成し遂げ、4連勝に期待がかかる今日の試合。対する相手はFC刈谷。去年の対戦成績は1勝1敗と互角の戦いを見せ、今年は現在8位につけているだけに、上位に食い込むには絶対に落とせないゲームである。

名称未設定 6


 試合は前半、風下となったTDKが序盤から押し込まれる苦しいゲーム展開となる。刈谷はシンプルに前線にボールを集め、そのこぼれ球を拾い勢いをつける。対するTDKはなかなかリズムが作れずに攻撃の糸口が見つからない状態が続く。そして、ピンチはすぐに訪れた。コーナキックからうまく合わされ誰もがやられたと思ったシュートを、ゴールをカバーしていた高林選手がヘディングでクリアーしピンチをしのぐ。そして、ジワジワと攻撃を仕掛け始めるTDK。

名称未設定 7

得意の両サイドを使い、相手DF陣を揺さぶる。そして前半35分コーナーキックからのこぼれ球を池田選手がニアサイドに先制弾を決め、会場・チームの雰囲気は一転する。その後、追加点を奪いに積極的に攻撃を仕掛けるTDKだが、得点を奪えず1-0のリードで前半を折り返す。

名称未設定 5

名称未設定 2

後半はFC刈谷のキックオフで始まる。後半は風上となり前半以上の攻撃が期待されたが、開始早々から相手の勢いに押され、立ち上がりのペースを握られる。その嫌なムードを断ち切りたいTDKだが、後半5分に同点ゴールを決められ、試合は振り出しへと戻ってしまう。同点ゴールを決め、更に勢いづく刈谷。しかし、逆転ゴールだけは許せないTDKのDF陣は、組織でしっかりと対応し、その嫌な流れを断ち切る。

名称未設定 4

緊迫した戦いが続く中、幾度となくコーナーキックのチャンスを作るTDK。コーナキックからの折り返しを岩瀬選手がヘディングするもゴールの脇へと流れてしまう。そして決定的チャンスは後半25分過ぎに訪れた。
名称未設定 3

中盤から高林選手が相手の裏をとった松田選手へとパスを通す。松田選手の左足から放たれたシュートは相手GKの好セーブに阻まれてしまう。その後、攻撃に拍車をかけるべく松田選手に代わり木之下選手、高林選手に代わり成田選手を投入するTDKだったが、決勝点を奪えずに試合は終了してしまう。

名称未設定 1
<試合速報>
    TDKSC VS FC刈谷
1st       1 - 0
(池田)
2st       0 - 1
Total     1 - 1

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。