ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

< カターレ富山に逆転負け! >

 東海から東北も梅雨明けが宣言され、夏も本番を迎えた今日この頃、我らがTDKSCはアウェーの地富山でJリーグ準加盟チームカターレ富山と対戦しました。猛暑日が続く富山市内、気温35.4度と灼熱の太陽が降り注ぐ中、会場となった富山県総合運動公園陸上競技場には3000人を超えるサポーターが集まり、敵地を感じさせる雰囲気の中試合は行われました。

 試合は開始早々の12分、左サイドの池田選手のセンタリングから得点がうまれた。クロスボールのクリアを拾い上手くDFの裏へ佐藤選手が流し、そのボールをエース富樫選手がDFに囲まれながらも押し込み貴重な先制点をあげる。チーム最多得点となる7ゴール目をマークする。追加点を奪いに行きたいTDKは、松田選手が相手GKに倒されるも逆にシュミレーションをとられてしまい、アウェイを感じさせる判定となった。その後もCKから千野選手が頭で合わせるが相手GKの好セーブに阻まれ得点ならず。逆にこの試合を勝てばJ昇格圏内の4位へと浮上する富山が牙をむく。前半終了間際の41分にCKから同点ゴールを許す。そして44分にはPKを奪われ前半に逆転を許してしまう。

 エンドの変わった後半は天候が一転。灼熱の太陽は雲に覆われ、途中スコールのような雨にもみまわれました。1点を追うTDKは立ち上がりから試合を支配し相手ゴールを狙う。CKから朝比奈選手がドンピシャのヘディングシュートを放つがGKの正面へ。その後も右サイドの攻撃からこぼれ球を池田選手がシュートを放つが惜しくもゴールの左へ反れてしまう。同点ゴールを狙いたいTDKは64分に佐藤選手に代わり加賀選手を投入。しかし73分にカウンターから痛い追加点を奪われ、3-1とリードを広げられてしまう。78分には高林選手に代わり、怪我から復帰した富永選手をボランチに、88分には松田選手に代え成田選手を投入し得点を狙う。最後までゴールを諦めずに走りきったTDKであったが、試合はそのまま終了し、アウェイの地で痛い敗戦を喫してしまう。

<試合結果>
TDKSC VS カターレ富山
1st 1 - 2
(富樫)
2st 0 - 1
Total 1 - 3
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。