ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

< TDKSC、北九州に完封勝ち! >

 夏本番真っ只中の福岡にて、我らがTDKSCはニューウェーブ北九州と対戦しました。前期の対戦では3失点をした後に2点をとり、追い上げを見せたが惜しくも敗戦。前期の借りはしっかり返したいこの戦いは北九州市の鞘ヶ谷競技場にて気温34.1度の中行われました
北九州1
 試合は前半、北九州にチャンスを作られる。センタリングにうまく合わされヘディングシュートを打たれてしまうが、これは運よくゴールポストに救われ開始早々からヒヤリとする場面が見られた。しかしその後は落ち着いてボールを回し、じわりじわりと相手陣内へ。すると29分、相手陣内でパスカットした松ヶ枝選手がドリブルで独走し自らシュートを放ち、貴重な先制点をものにする。ここ数試合先制するも直後に失点が続いていたTDKだったが、この日はその後も優位な試合展開を見せ、1-0のリードで前半を折り返す。
北九州2
 エンドの変わった後半、早く追いつきたい北九州はシンプルに前線にボールを集め、そのこぼれ球を拾い厚い攻撃をしかける。対するTDKは両サイドをうまく使い、相手の守備陣を揺さぶる。すると千野選手がエリア内でボールを持ち、相手DFの間に抜け出した池田選手がパスを受けシュートを放つ。惜しくもゴール左へと外れてしまうが、得点の匂いを感じさせるプレーが増えてきたTDK。

徐々に疲労もピークへと近づき追加点を上げ逃げ切りたいTDKは、74分に成田選手に代え富永選手を、83分には池田選手に代え木下選手を投入し攻撃に拍車をかける。すると84分右サイドの松ヶ枝選手がゴールラインぎりぎりのクロスを上げる。相手DF、GKもラインをわったかと思い一瞬動きを止めたところに、我らのエース富樫選手がそのクロスを見逃さずに落ち着いてゴールへ流し、待望の追加点!自身早くも昨シーズンの記録と並ぶ10得点目のゴールをあげる。
北九州3
その後北九州の猛攻にあいミドルシュートを浴びせられるが、ここはGKの小野選手が神がかりのセーブを見せる。83分には加賀選手に代え増田選手を投入し、無失点で逃げ切りをはかる。そして暑い夏空に終了のホイッスルが鳴り響く。

これで後期の成績を2勝2敗2引き分けとイーブンにしたTDK。順位も二つ上げ11位と目標の10位以内まで後少しとなった。次節は8月17日(日)にアルテ高崎とアウェイで対戦する。

JFLのゲームは1週間空く形となるが、TDKSCは休むことなく今週の8日(金)・9日(土)に山形県天童市にて国体の東北予選に出場する。


<試合結果>
TDKSC VS 北九州
1st 1 - 0
(松ヶ枝)
2st 1 - 0
(富樫)
Total 2 - 0

    富樫選手4試合連続ゴール!得点ランキング7位浮上!
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。