ブログと試合速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

< ホームにかほで念願の初勝利! >

 いよいよJFLも残すところあと9試合。我らがTDKSCは8勝10敗7分けと勝ち点を31へ伸ばしています。そして本日の対戦相手は、あの元日本代表監督フィリップ・トルシエ氏を総監督に迎えたFC琉球。トルシエ革命元年と称した今期、トルシエ総監督は「沖縄の人々が誇りを持てるチームになるよう、みんなで強い琉球に」とサポーターと力を合わせて、5年以内のJリーグ昇格を目指している。

試合は前半、前線からのプレッシャーがうまくかからずに若干後手にまわってしまう部分が見られるものの、TDKはCKから朝比奈・岩瀬選手がヘディングシュートを、サイド攻撃から松ヶ枝選手がシュートを放ちチャンスを作る。しかし、前半の終盤にかけて琉球に決定機を作らせてしまい、劣勢にまわってしまうが、GK小野選手のファインセーブやゴールポストに救われ、0-0の同点で前半を折り返す。

エンドの変わった後半、TDKは積極的に得点を奪う本来のスタイルを取り戻し、両サイドを起点とした攻撃を見せる。すると、左サイドでボールを持った池田選手が得意のドリブルで仕掛けセンタリングをあげる。それに難しい体勢ながらしっかりと頭で合わせたのはエース富樫選手だった。自身今期12得点目をマークし貴重な先制点をあげる。

その後も試合はTDKが支配する。CKから千野選手が勢いよくヘディングで合わせ追加点を狙うが、ボールはゴールバーの上へ。早めの追加点をあげたいTDKだが、なかなかゴールをわれず。いつも終盤に追いつかれ勝ち点を逃しているだけに、会場のサポーターは祈るような気持ちでTDKを見守っていた。61分に松ヶ枝選手に代え木之下選手を、83分には池田選手に代え富永選手を投入する。この日1116人が見守る中、待ちに待った瞬間は訪れた。得意のサイド攻撃で得た先制点を守り切りTDKが今季初のにかほでのゲームで勝利を収めた。

これで、9勝10敗7分けと勝ち点を34に伸ばしたTDK、順位は11位と変わらないものの9位のソニー仙台まで勝ち点3差と迫り、今期目標としていた10位以内が目前となりました。次節のJFLは第10節の10月5日午後2時半から、名古屋市の瑞穂公園北陸上競技場でFC刈谷と戦う。その間、13日(土)には天皇杯の1回戦が、そして翌週の20日には2回戦、今月末からは大分国体とハードスケジュールとなっています。天皇杯ではまずは2回戦突破に、国体では去年以上の成績が期待されています。皆さん我らがTDKSCを盛り上げ一緒に応援して行きましょう!!

<試合結果>
TDKSC VS FC琉球
1st 0 - 0
2st 1 - 0
(富樫)
Total 1 - 0
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。